一人暮らしの引越し費用

引越し費用は時期や日程によって大きく変わります。繁忙期を避けたり、相見積もりを取ったりすることでお得に引越しができます。

一人暮らしの引越し費用(1)

引越しをする場合、できる限り引越し費用は抑えたいものです。 特に、大学進学時や新しく会社に就職する時など、一人暮らしの引越しの場合は荷物も少ないですから、自分一人で引越しをしようと考えたり、友人や仲間に助けてもらって引越しをしようと考える人は多いです。 ですが、実際に自分たちだけで引越しをした場合と、引越し業者に依頼して引越しをした場合と、金額的に安くなるのはどちらでしょうか? 自分や友人たちが働く労力を無視して、引越しにかかる拘束時間も考えなければ、単純な金額で言えば自分たちで引越しをした方が安くなるかもしれません。 ですが、自分たちで引越しをする場合、荷物を運ぶために必要なトラック(もしくは大型のバン)をレンタルして運転して、重い荷物もすべて自分たちで搬出、搬入した上に、恐らく丸一日が潰れます。また、助けてもらった友人たちには少なくとも昼食、夕食くらいはご馳走しなければなりません。 レンタカー代金+友人たちへの謝礼(食事含む)などで結局3万円近くかかった上に、丸一日の拘束と作業です。本当にこれで得をしたと言えるでしょうか? 最近はどの引越し会社でも、荷物の量を限定した一人暮らし用のプランが用意されています。 運べる量に制限があるのであまり大型の家具家電などは運べませんが、規格内の荷物量であれば通常の引越しプランよりもぐっと安く引越しをすることが可能です。 近距離で作業者1人の場合、引越しをする時期にもよりますが、2~4万円程度の単身パックが多いため、場合によっては自分たちで引越しをするよりも安上がりになるケースもあります。 しかもプロの作業員が荷物の搬出、搬入をしてくれるので体力的にも楽ですし、2~3時間ほどで引越しが完了する(荷解きは別)ので拘束時間も短く済みます。 このようにお得な単身パックですが、前述した通り運べる荷物の量に制限がありますから、利用する際には自分の荷物の量がどれだけかをきちんと把握しておく必要があります。 もしも引越し当日になって積み切れない荷物があった場合、別料金を請求されたり、運べずにそのまま残されてしまいます。 そういった失敗をしないために、単身パックを利用する場合でも、引越し業者の営業に実際に来てもらって見積もりをしてもらいましょう。 プロが判断すればある程度正確に荷物の量が把握できます。 もちろん、その際には相見積もりをして複数の業者から金額を提示してもらうことが大切です。 業者によって価格差がかなり大きいですから、時間をかけてでも必ず3社以上から見積もりをもらいましょう。

一人暮らしの引越し費用(2)

一人暮らしの引越しの費用はどの程度必要でしょうか? 荷物の量や移動距離、引越しの時期にもよりますが、近距離(100キロ以内)の移動であれば引越し業者の一人暮らし用の引越しプラン(単身パックなど)を利用した場合、おおよそ2~5万円程度が相場になっているようです。 最近はどんな引越し業者でも一人暮らし用のプランを用意していますし、アフターサービスなども含めて各社様々な特色を出しているので、目的に応じて業者を選ぶことができます。 一人暮らし用のプランを利用する場合、気をつけるのは荷物の量です。 業者によって運べる量は異なりますが、例えばクロネコヤマトでは単身引越しサービス用に1.04m×1.04m×1.70mのBOXを用意していますが、他社でも同様に運べる量に制限があります。 一人暮らしであれば荷物の量は少ないでしょうが、一人暮らし用のプランで運べる荷物の量はかなり少ないですから、事前にきちんと自分の荷物の量を把握しておく必要があります。 基本的にはあまり大型の家具家電は運べませんから、それらは別送するか、思い切って処分して新居には新しいものを用意した方が引越し費用は抑えられます。 また、引越し費用を抑えるためには相見積もりを取ることは不可欠です。 たとえ単身パックを利用する場合でも、各引越し業者の営業に実際に荷物の量を見てもらった上で、費用を算出してもらってください。 最低3社以上からは見積もりを取りたいので、引越し前の時間に余裕のあるうちに見積依頼を出すようにしましょう。 一括で複数の業者に見積依頼を出せるサイトもありますから、それらを利用してなるべく手間をかけずに済ますと良いでしょう。 また、引越し費用を抑えるコツとしては、引越し時期をずらす方法もあります。 2月~3月、9月は多くの人が引越しをする繁忙期なので、引越し業者も高めの料金に設定していますし、値引きにも対応しません。 もしも時間に余裕があるなら、繁忙期をずらして引越しをする方が、金額的にも引越しの日程的にもこちらの都合に合わせやすくなります。 金額的に余裕がある場合は、単身パックを利用しないで通常のプランで引越しをするのも良いです。 価格的には5~10万円と割高にはなりますが、プランによっては荷作りや荷解きにも対応してもらえたり、充実したアフターサービスを提供してもらえることもあるので、すべておまかせで引越しをしたい場合は単身パックではなく、通常のプラン(+付帯サービス)を利用することをおすすめします。

一人暮らしの引越しの体験談